セキスイハイムの家づくり

  • ユニット工法

    ユニット工法

    ポイントは、すぐれた強度を誇る鋼材を最新機器を駆使して溶接した、高層ビル並みの信頼性。

    詳しくはこちら

  • 工場生産体制

    工場生産体制

    選りすぐった部材を使用し、徹底した生産管理により余剰を出さないこと」「徹底した品質管理により、設計通りの高気密・高断熱性能を実現すること」

    詳しくはこちら

  • 耐震性能

    耐震性能

    地震の多い日本では、耐震性能は、家づくりの重要なポイント。
    セキスイハイムの家は、阪神・淡路大震災の2倍以上にあたる1.800ガルでも構造体に何ら問題のないことを、実大実験で証明しています。

    詳しくはこちら

  • 耐久性

    耐久性

    耐久性は、時間の経過で生じる構造体や部材の劣化を防ぎ、いつまでも安全・快適・健康に暮らせる住まいにする重要なポイント。耐久性の高い住まいは、メンテナンスの手間やライフサイクルコストも低減します。

    詳しくはこちら

  • 耐風水性・耐火性能

    耐風水性・耐火性能

    ハイムは、外壁はもちろん、被害を受けやすい屋根やサッシなども、激しい風雨に耐える強さと防水性を備えた安心設計です。また、住宅密集のために火災時に心配される類焼や延焼に対しても、燃えない素材を使って高い防火・耐火性能を実現しています。

    詳しくはこちら

  • 防犯システム

    防犯システム

    あなたの暮らしを守る家。
    「狙わせない」「進入させない」ための最適なプランと設備をパッケージ化しました。

    詳しくはこちら

  • 起風天窓

    起風天窓

    断熱化・気密化が進んだ住宅は、ともすると室内の空気が汚れてしまいがち。それを防ぐためには、計画的な換気が欠かせません。セキスイハイムに標準装備されている24時間換気システムなら、外から新鮮な空気を取り入れ、住まいの空気をクリーンに保ちます。

    詳しくはこちら

  • 断熱・気密性能

    断熱・気密性能

    保温性に優れた高気密・高断熱の住まいは、室温を安定させ、部屋ごとの温度差も小さく抑えることができます。冷暖房の効率もよくなり、光熱費も削減。人にも、環境にもやさしい住まいといえます。

    詳しくはこちら

  • 遮音・防音性能

    遮音・防音性能

    音は、わずかな隙間を狙うようにして侵入し、振動となって室内を駆けめぐります。セキスイハイムは、工場内の建築による高精度なつくりと、頑強な鉄骨ユニットにより音の侵入や伝搬を阻止。さらに、独自の遮音設計を施しています。

    詳しくはこちら

  • シックハウス対策

    シックハウス対策

    セキスイハイムでは、フローリング、クロス、クロス接着剤をはじめ、収納などの内部部材、建具造作材や下地材にいたるまで、「品確法」でも最高等級にあたる部材を採用。可能な限り、有害物質の低減化に努めています。

    詳しくはこちら

  • 品確法/住宅性能表示制度

    品確法/住宅性能表示制度

    家づくりの大部分を最新鋭の工場により高精度・高品質でつくるセキスイハイムの住まいだから、「設計通りの性能の住宅をお届けする」ことをお約束できます。

    詳しくはこちら

  • セキスイハイムの考える光熱費ゼロ住宅

    セキスイハイムの考える光熱費ゼロ住宅

    光熱費のコントロールは、豊富な実測データとそれに基づいたノウハウがキーポイントです。セキスイハイムには、太陽光発電システムに関して、ソーラー住宅建設棟数161,013棟という住宅業界ナンバー1の搭載実績があります。(※ソーラー住宅建設最多棟数「Most solar-powered houses built」(リフォーム含む)161,013棟(2014年12月末現在)

    詳しくはこちら

  • 建てた後にかかるお金

    建てた後にかかるお金

    安心して永く暮らせる住まいづくりのためには、建てる前から建て替えまでの住まいの生涯にかかる費用、つまり「建てた後にかかるお金」を考えることが、重要なポイントになります。

    詳しくはこちら

  • 環境への取り組み

    環境への取り組み

    セキスイハイムでは、家づくりの過程で出る廃棄物やゴミを、100%再資源化する仕組みを、全国のすべての工場で確立しています。

    詳しくはこちら

  • 再築システムの家

    再築システムの家

    家そのものがリユースできる「再築システムの家」は、環境にやさしいだけではなく、これからの時代の新しいカタチの住まいです。

    詳しくはこちら

  • バリアフリー

    バリアフリー

    日本は、2025年には4人に1人が65歳以上になると言われています。本格的な超高齢化社会を前に、セキスイハイムでは1994年、加齢配慮研究所を設立。そこでの調査・研究は、セキスイハイムの住宅の随所に反映されています。

    詳しくはこちら